健軍川菜の花駅伝&ウォーキングが開催されました。

去る、4月9日に上油称公園と健軍川沿岸道路において、恒例の菜の花駅伝・菜の花ウォーキングが行われました。

9時30分に女子の駅伝がスタート。優勝は月出小バスケット部、2位はバレーボール部でした。続いて男子がスタート。優勝は区役所チーム、2位はバスケット部でした。
駅伝に続いて全員でのウォーキングスタート。菜の花が咲く春うららかな健軍川を気持ち良く歩きました。

どんどや

去る1月9日、新年恒例のどんどやが行われました。

早朝からの竹切り出し、やぐら組み、正午頃に点火。消防団やお父さん方を中心に、地域の皆さんが力を合わせて今年の五穀豊穣と無病息災を祈りました。婦人部を中心にお母さん方による豚汁約1,000食が参加の皆さんに振舞われました。残り火でお餅や芋を焼いて食べました。

竹の破裂音がいいですね。お祓いですね。

3町内もちつき大会が開催されました。

 

去る、12/6(日)に月出団地公園にて恒例もちつき大会が行われました。

子どもから年配まで多数の参加で今年も盛況に終わりました。90kgのお餅をつき、また焼き芋や赤飯も用意され、参加のみなさんや地域の方々で味わいました。

来年が良い年でありますように。

再募集 保健師・助産師の嘱託職員 東区役所

東区保健子ども課では、産休等代替として嘱託員(保健師・助産師)を募集します。
業務内容

・各種健康診査、健康相談、保健・福祉相談、健康教育に関すること
・地域団体の行う健康づくり活動への支援等に関すること
・その他関係する必要な業務
雇用期間

(1)平成28年1月12日~平成28年3月31日
(2)平成28年2月22日~平成28年3月31日
※(1)、(2)とも任用期間を更新する場合があります。
勤務場所・勤務条件

東区役所 保健子ども課 : 熊本市東区東本町16-30

勤務日 : 毎週月曜日~金曜日のうち週4日
勤務時間 : 午前8時30分~午後5時15分のうち7時間15分
(1時間の休憩時間あり)

報酬月額 : 149,100円
※社会保険(健康保険・厚生年金)、雇用保険の適用あり
※条件を満たす場合、距離に応じて通勤手当の支給あり
※年次有給休暇(雇用期間に応じて)付与あり
募集人員

保健師または助産師 2名(各1名)
応募資格

(1)保健師または助産師の資格を有すること
(2)パソコン(ワード、エクセル等)の基本的な操作ができること
※ただし、嘱託員として熊本市または熊本市の機関に任用され、一定期間経過していない方、
熊本市の嘱託員として通算して10年を超えた方については応募できません。
応募方法

以下の書類を東区保健子ども課まで持参または郵送してください。
(1)写真を貼付した履歴書
(2)資格免許証の写し
応募期間

平成27年11月25日(水)~12月4日(金)まで
※午前9時から午後5時まで(土・日・祝日を除く)
※郵便の場合も12月4日(金)午後5時必着のこと
選考方法

書類及び面接による選考
面接日時 : 平成27年12月9日(水)
(面接場所 : 東区役所)
お問い合わせ先

東区役所 保健子ども課
住所 : 〒862-8555 熊本市東区東本町16-30
電話 : 096-367-9134

※メールでお問い合わせされる方へ
携帯メールをご使用の方で受信拒否機能を設定している場合、こちらから送信するメールを受信することができません。
お手数ですが、受信できるよう設定していただきますようよろしくお願いいたします。

「子どもフォーラム」が開催されました。

去る11月8日(土)、月出小学校にて「子どもフォーラム」が開催されました。

講師として、CITY-FMの水野直樹さんがフォーラムの進行を務められました。

月出小の5年生と6年生が、「月出をより暮らしやすいまちにするために」というテーマのもと、いろいろな問題に焦点をあて、発表をしました。

それぞれに活発な意見が出て、自分たちが住むこのまちをより良くしたい、という共通の思いを保護者や地域の方々と一緒に共有することができました。

特別史跡熊本城跡保存活用計画策定に伴う図面作成等業務委託の条件付一般競争入札について

特別史跡熊本城跡保存活用計画策定に伴う図面作成等業務委託の条件付一般競争入札について

次のとおり条件付一般競争入札に付すので、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の6第1項及び熊本市契約事務取扱規則(昭和39年規則第7号)第3条の規定により公告したことをお知らせします。

1 競争入札に付する事項
(1) 業務委託名
特別史跡熊本城跡保存活用計画策定に伴う図面作成等業務委託
(2) 目的及び概要
特別史跡熊本城跡保存活用計画書に挿入する図版等の編集及び作成を実施するもの。
※詳細は仕様書を参照のこと。
(3) 履行場所  受託者作業地
(4) 履行期間  契約締結日から平成28年3月15日まで
2 担当部局
〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号
熊本市観光文化交流局 文化振興課 文化財管理班
電 話 096-328-2039(直通)
FAX 096-324-4002
3 入札手続の種類
この案件は、入札前に条件付一般競争入札に参加する者に必要な資格(以下「競争入札参加資格」という。)の確認を行い、競争入札参加資格があると認められた者による入札の結果に基づき落札者を決定する方法により入札手続を行う。
4 競争入札参加資格
次に掲げる条件をすべて満たしていること。
(1) 熊本市業務委託契約等に係る競争入札等参加資格審査申請書を提出し、熊本市業務委託契約等に係る競争入札参加者等の資格等に関する要綱(平成20年告示第731号)第5条に規定する入札参加資格者名簿に登録されている者であること。さらに、業種として、第1分類「文化財調査」・第2分類「埋蔵文化財発掘調査」業務での登録をしていること。(入札参加申請時までに登録業者でない者は、当初から参加資格のない者として申請を無効とする。)
(2) 地方自治法施行令第167条の4第1項各号の規定に該当しない者であること。
(3) 会社更生法(平成14年法律第154号)第17条又は民事再生法(平成11年法律第225号)第21条の規定による更生手続又は再生手続の開始の申立てがなされた場合は、更生計画の認可決定又は再生計画の認可決定がなされていること。
(4) 熊本市が締結する契約等からの暴力団等の排除措置要綱(平成18年告示第105号)第3条第1号の規定に該当しないこと。
(5) 熊本市から「熊本市物品購入契約及び業務委託契約等に係る指名停止等の措置要綱」(平成21年告示第199号。以下「指名停止要綱」という。)に基づく指名停止を受けている期間中でないこと。
(6) 消費税及び地方消費税並びに熊本市税の滞納がないこと。
(7) 業として当該競争入札に付する契約に係る業務を営んでいること。
(8) 熊本市内に本店又は支店、営業所等を有する者であること。
(9) 同種業務の実績があること。
5 申請手続等
(1) 申請書、仕様書等の交付期間及び方法
平成27年11月4日(水)から平成27年11月17日(火)まで
熊本市ホームページへ掲載するほか、希望する場合は2の担当部局で配布する(担当部局での配布については熊本市の休日及び期限の特例を定める条例(平成元年条例第32号)第1条に規定する市の休日(以下「休日」という。)を除く。)。
郵送又は電送(ファックス、電子メール等)による交付は行わない。
・ 担当部局での配布は、午前9時から午後5時まで
・ 熊本市ホームページにおいては、その運用時間内においてダウンロードできる。
なお、仕様書等の設計図書については、入札日までの間、2の担当部局において閲覧に供する。
(2) 申請書等の提出方法等
本件入札の参加希望者は、競争入札参加資格確認申請書及び競争入札参加資格審査調書などの実績その他の必要書類(以下「申請書等」と総称する。)を提出し、競争入札参加資格の有無について市長の確認を受けなければならない。提出方法等については、次によるものとする。
ア 提出書類及び提出方法
持参により提出すること。郵送又は電送(ファックス、電子メール等)による提出は受け付けない。
(ア) 競争入札参加資格確認申請書(様式第1号)
(イ) 競争入札参加資格審査調書(様式第2号)
(ウ) 入札参加者の同種業務の実績(様式第3号) 並びに同種業務の実績を証する契約書の写し及び図面、仕様書等の設計図書又は発注者の証明等
(エ) その他、別添仕様書に基づく関係書類等
イ 提出期限
平成27年11月17日(火) 午後5時まで
ウ 提出部数
1部とする
エ 提出先
2の担当部局
オ 留意事項
(ア) 様式については、競争入札参加資格確認申請書提出日時点において記載すること。
(イ) ア(ウ)(エ)書面が添付されていない場合は、当該実績を有しているとは認めない。また、ア(ウ)(エ)により提出された書類では、同種業務の実績を有することが判断できない場合も実績を有しているとは認めない。
(3) 競争入札参加資格の確認
競争入札参加資格の確認については、申請書等の提出期限日をもって行うものとし、結果(競争入札参加資格がないと認めた場合はその理由も含む。)については、書面等により通知する。
6 競争入札参加資格がないと認めた者に対する理由の説明
(1) 競争入札参加資格がない旨の通知を受けた者は、通知をした日の翌日から起算して7日(休日を含まない。)以内に、市長に対して競争入札参加資格がないと認めた理由について、書面(様式は自由)により説明を求めることができる。
(2) 市長は、説明を求められたときは、説明を求めることができる最終日の翌日から起算して5日(休日を含まない。)以内に、説明を求めた者に対し書面により回答する。
7 入札説明会
入札説明会は実施しない。
8 仕様書等に対する質問
(1) 仕様書等に対する質問がある場合においては、次に従い提出すること。
ア 提出方法
書面(様式は自由)により持参、またはファックスにて提出すること。ただし、ファックスの場合は、必ず着信を確認すること。
イ 受付期間・受付時間
平成27年11月4日(水)から平成27年11月17日(火)まで(休日を除く。)の午前9時から午後5時まで
ウ 提出先
2の担当部局
ファックス :096-324-4002
(2) (1)の質問書に対する回答書は、次のとおり閲覧に供する。(なお、熊本市ホームページにも掲載する。)
ア 閲覧期間
平成27年11月18日(水)までに開始し、入札日までとする。
イ 閲覧場所
2の担当部局
9 入札に参加する者が1者である場合の措置
入札に参加する者が1者である場合は、再度公告して申請書等の提出期限を延長するものとする。この場合においては、必要に応じて当該案件に係る競争入札参加資格の変更又は履行期間の変更を行うことがある。
10 入札等
(1) 5(3)の通知により競争入札参加資格があると確認された者は、次に定める方法に従い、入札に参加するものとする。
ア 入札日時
平成27年11月24日(火) 午前10時
イ 入札場所
熊本市中央区花畑町9番6号
マスミューチュアル生命ビル7階 会議室
ウ 入札方法
入札書を持参して行うこととし、郵送及び電送(ファックス、電子メール等)によるものは認めない。入札代理人が持参する場合は、別途委任状を提出すること。
(2) 落札決定にあたっては、入札書に記載された金額に100分の8に相当する額を加算した金額(当該金額に1円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てた金額)をもって落札価格とするので、入札者は、消費税及び地方消費税に係る課税事業者であるか免税事業者であるかを問わず、見積もった契約希望金額の108分の100に相当する金額を入札書に記載すること。
(3) 入札執行回数は、2回までとする。
(4) 入札書を提出した後は開札の前後を問わず、引換え又は取消しをすることができない。
(5) 一の入札参加者が複数の入札を行ったと認められるときは、いったん開札して確認のうえ、
すべての入札書を無効とする。
(6) 熊本市工事競争入札心得(平成2年告示第107号)第5条に準じるほか、提出書類に虚偽の記載をした者のした入札は無効とし、無効の入札を行った者を落札者としていた場合には落札決定を取り消すものとする。なお、競争入札参加資格があると確認された者であっても、落札決定の時において4に規定する競争入札参加資格を満たさなくなった場合は、競争入札参加資格のない者に該当するものとする。
(7) 無効とした入札書は、返却しないものとする。
11 落札者の決定方法
(1) 予定価格の制限の範囲内で最低の価格をもって有効な入札を行った者を落札者とする。
(2) 落札者となるべき同価の入札をした者が2者以上あるときは、くじにより落札者を決定する。
(3) 最低制限価格は設定しない。
12 その他の留意事項
(1) 手続において使用する言語及び通貨は、日本語及び日本国通貨に限る。
(2) 入札保証金は、熊本市契約事務取扱規則第5条に定めるところにより、免除する。
(3) 契約保証金については、熊本市契約事務取扱規則第22条の定めるところにより、落札者は、契約金額の100分の10以上の契約保証金を契約締結の時までに納付すること。ただし、利付国債の提供又は金融機関の保証をもって契約保証金の納付に代えることができる。また、次に掲げる場合においては、契約保証金を免除とする。
ア 保険会社との間に管理者を被保険者とする履行保証保険契約を結び、保証証券を契約締結の時までに提出したとき。
イ 過去2年の間に国又は地方公共団体と種類及び規模をほぼ同じくする契約を2回以上誠実に履行し、このことを証するため、発注者の証明(ただし、発注者が本市である場合は、契約書の写しでも可)を提出したとき。
(4) 申請書等に関する事項
ア 提出期限までに申請書等を提出しなかった場合は入札参加者として認められないものとする。
イ 申請書等の作成及び提出に係る費用は、提出者の負担とする。
ウ 提出された申請書等は、返却しない。
エ 提出された申請書等は、競争入札参加資格の確認以外に提出者に無断で使用しない。
オ 提出期限後における申請書等の追加、差し替え及び再提出は認めない。
カ 申請書等に虚偽の記載をしたことが判明した場合は、当該申請書等を無効とし、競争入札参加資格の取消し、落札決定の取消し、契約締結の保留又は契約の解除等の措置をとるとともに、指名停止要綱に基づく指名停止その他の措置を行うことがある。
(5) 競争入札参加資格の確認を行った日の翌日から開札までの間の期間に、競争入札参加資格があると認めた者が競争入札参加資格がないものと判明した場合には、当該者に対する競争入札参加資格確認の通知を理由を付して取り消すものとする。この旨の通知を受けた者は、通知をした日の翌日から起算して5日(休日を含まない。)以内に、管理者に対して競争入札参加資格がないと認めた理由について、書面により説明を求めることができる。
(6) 落札者の決定後契約締結までの間に、落札者が4に規定する競争入札参加資格を満たさなくなった場合には、契約を締結しないことができるものとする。
(7) 申請書等の提出及び入札にあたっては、熊本市工事競争入札心得に準じて実施する。

北部クリーンセンター嘱託員を募集します(再募集)

業務内容

北部クリーンセンターでの廃棄物収集における労務補助
※ごみ収集車の乗務員として、ごみの収集作業等

応募資格

18歳以上(平成27年11月1日現在)の方
※過去に嘱託員として熊本市(熊本市教育委員会含む)に任用され、一定期間経過していない方は応募できません。
熊本市の嘱託員として通算10年を超えた方については応募できません。
任用期間および募集人数

採用決定後から平成28年3月31日・・・1名
勤務日数・時間

毎週月曜から金曜までの5日間。(祝日・年末の出勤有)
午前8時30分から午後5時の内、実働6時間45分。(週33時間45分)
勤務場所

北部クリーンセンター(熊本市北区清水新地7丁目9-1)
報酬等

月額157,300円
・厚生年金、健康保険、雇用保険あり
・要件を満たす場合は、通勤費用相当額の支給あり。(日額160円から800円)
・年次有給休暇あり。
応募方法

履歴書を北部クリーンセンターへ持参か郵送。
採用試験について

【試験会場】熊本市北区清水新地7丁目9-1 北部クリーンセンター
【日時】応募者に後日、試験の日時を連絡します。(履歴書には必ず、日中連絡のつく電話番号を記載してください。)
【試験内容】
1.面接試験
2.体力試験
※試験当日は運動ができる服装及び室内用の運動靴をご持参ください。
注意事項

・任用期間は更新または短縮する場合があります。
・募集人数は変動する場合があります。
・基準点に満たない場合は、採用いたしません。
・今回不採用でも、一定期間は北部クリーンセンター嘱託員の欠員が生じた場合に採用します。
なお、基準点に満たない場合はこの限りではありません。

清水公民館嘱託員募集

(嘱託員名称) 社会教育指導員
(業務内容)  社会教育主事の指導のもと、公民館での講座や学習相談への対応及び窓口業務を行なう。
(募集人員)  1名

(雇用期間)  平成27年12月1日~平成28年3月31日(条件により更新の場合あり)
(勤務時間)  1週間のうち5日程度、午前9時00分から午後5時00分のうち指定する時間(週28時間45分)
土、日、祝日の勤務あり。
(勤務場所)  清水公民館 北区清水亀井町14-7
(報酬額)    月額 131,000円
厚生年金、健康保険、雇用保険あり。
要件を満たす場合、通勤手当(日額170円)支給あり。
(休館日)    月曜日(月曜日が祝日の場合、その日以降の最も近い休日でない日)
(応募資格)  生涯学習及び教育一般に関して豊かな見識を有し、パソコン(ワード、エクセル)の基本操作ができる方。
なお、以前熊本市で嘱託職員として勤務された方は、雇用期間により応募できない場合があります。
(応募方法)  平成27年10月28日(水)~平成27年11月11日(水)
休館日を除く、午前8時30分から午後5時までに履歴書に必要事項を記入のうえ、熊本市清水公民館にお持ちいただくか郵送でお申込ください。郵送の場合も当日締め切り日必着。
なお、お送りいただいた履歴書はお返しいたしませんので御了承ください。 ※封筒には「嘱託職員応募」とご記入ください。
(選考方法)  履歴書及び面接
(面接予定)  平成27年11月18日(水) 清水公民館研修室
応募後、面接日時をご連絡します。

熊本駅東口駅前広場交通実態調査業務委託業者を募集

熊本駅東口駅前広場交通実態調査業務委託業者の公告について

熊本駅東口駅前広場交通実態調査業務委託に係る条件付一般競争入札に参加するものに必要な資格、その他についての定めを、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の6第1項及び熊本市契約事務取扱規則(昭和39年規則第7号)第3条の規定に基づき公告したことをお知らせします。

1 競争入札に付する事項

(1) 業務委託名   熊本駅東口駅前広場交通実態調査業務委託
(2) 目的      JR鹿児島本線等連続立体交差事業の実施に伴い、熊本駅白川口(東口)駅前広場の拡幅が可能となることを踏まえ、バス・タクシーなどの交通施設の配置等を検討するために調査を行うもの。
(3) 履行場所    熊本市西区春日3丁目地内 外
(4) 履行期間    契約締結日から平成28年3月22日まで

2 担当部局

〒860-0821 熊本市中央区本山2丁目9番51号
熊本市都市建設局熊本駅周辺整備事務所
電話 096-323-8177(直通)

3 入札手続の種類

この案件は、入札前に条件付一般競争入札に参加する者に必要な資格(以下「競争入札参加資格」という。)の確認を行い、競争入札参加資格があると認められた者による入札の結果に基づき落札者を決定する方法により入札手続を行う。

4 競争入札参加資格

次に掲げる条件をすべて満たしていること。
(1)  熊本市業務委託契約等に係る競争入札等参加資格審査申請書を提出し、熊本市業務委託契約等に係る競争入札参加者等の資格等に関する要綱(平成20年告示第731号)第5条に規定する入札参加資格者名簿に登録されている者であること。(さらに、業種として、第1分類「調査業務」・第2分類「交通関係調査」業務での登録をしていること。)
(2) 地方自治法施行令第167条の4第1項の規定に該当しない者であること。
(3) 会社更生法(平成14年法律第154号)第17条又は民事再生法(平成11年法律第225号)第21条の規定による更生手続又は再生手続の開始の申立てがなされた場合は、更生計画の認可決定又は再生計画の認可決定がなされていること。
(4) 熊本市が締結する契約等からの暴力団等の排除措置要綱(平成18年告示第105号)第3条第1号の規定に該当しないこと。
(5) 熊本市から「熊本市物品購入契約及び業務委託契約等に係る指名停止等の措置要綱」(平成21年告示第199号。以下「指名停止要綱」という。)に基づく指名停止を受けている期間中でないこと。
(6) 消費税及び地方消費税並びに本市市税の滞納がないこと。
(7) 業として当該競争入札に付する契約に係る業務を営んでいること。
(8) 熊本市内に本店又は支店、営業所等を有する者であること。
(9) 国、都道府県又は市町村から直接受注した業務として、平成17年度以降に履行が完了した、交通関係調査に関する業務委託の実績を有すること。
交通関係調査に関する業務とは、次の業務とする。(別業務ごとでも可)
ア 公共交通機関の乗降者数調査業務
イ 自動車の交通量調査業務
(10) 当該競争入札に事業協同組合(中小企業等協同組合法(昭和24年法律第181号)第3条に規定する事業協同組合をいう。以下同じ。)として競争入札参加資格確認申請書を提出した場合、その組合員は単体として、競争入札参加資格確認申請書を提出することはできない。
当該競争入札に事業協同組合として参加する場合は業務を担当する組合員についても併せて(5)の要件を満たすこと。

5 申請手続等

(1) 申請書、仕様書等の交付期間、方法
平成27年10月26日(月曜日)から平成27年11月4日(水曜日)まで熊本市ホームページへ掲載するほか、希望する場合は2の担当部局で配布する。(担当部局での配布については熊本市の休日及び期限の特例を定める条例(平成元年条例第32号)第1条に規定する市の休日(以下「休日」という。)を除く。)
郵送又は電送(ファックス、電子メール等)による交付は行わない。
・ 担当部局での配布は、午前9時から午後5時まで
・ 熊本市ホームページにおいては、その運用時間内においてダウンロードできる。
(2) 申請書等の提出方法等
本件入札の参加希望者は、競争入札参加資格確認申請書及び競争入札参加資格審査調書その他の必要書類(以下「申請書等」と総称する。)を提出し、競争入札参加資格の有無について市長の確認を受けなければならない。提出方法等については、次によるものとする。
ア 提出書類及び提出方法
持参により提出すること。郵送又は電送(ファックス、電子メール等)による提出は受け付けない。
(ア) 競争入札参加資格確認申請書(様式第1号)
(イ) 競争入札参加資格審査調書(様式第2号)
(ウ) 入札参加者の同種業務の実績(様式第3号)
(エ) 同種業務の実績を証する契約書及び特記仕様書の写し
イ 提出期限
平成27年11月5日(木曜日)午後5時まで
ウ 提出部数
1部とする
エ 提出先
2の担当部局
オ 留意事項
(ア) 様式については競争入札参加資格確認申請書提出日時点において記載すること。
(イ) ア(エ) の書面が添付されていない場合は、当該実績を有しているとは認めない。
また、ア(エ)により提出された書類では、同種業務の実績を有することが判断できない場合も実績を有しているとは認めない。
(3) 競争入札参加資格の確認
競争入札参加資格の確認については、申請書等の提出期限日をもって行うものとし、結果(競争入札参加資格がないと認めた場合はその理由も含む。)については、書面により通知する。

6 競争入札参加資格がないと認めた者に対する理由の説明

(1) 競争入札参加資格がない旨の通知を受けた者は、通知をした日の翌日から起算して1日(休日を含まない。)以内に、市長に対して競争入札参加資格がないと認めた理由について、書面(様式は自由)により説明を求めることができる。
(2) 市長は、説明を求められたときは、説明を求めることができる最終日の翌日から起算して1日(休日を含まない。)以内に、説明を求めた者に対し書面により回答する。

7 入札説明会

入札説明会は実施しない。

8 仕様書等に対する質問

(1) 仕様書等に対する質問がある場合においては、次に従い提出すること。
ア 提出方法
書面(様式は自由)により持参、ファクス又は電子メールにて提出すること。ただし、ファックス、電子メールの場合は、必ず着信を確認すること。
イ 受付期間・受付時間
平成27年10月26日(月曜日)から平成27年11月6日(金曜日)まで(休日を除く。)の午前9時から午後5時まで
ウ 提出先
2の担当部局
ファックス  :096-323-8052
メールアドレス:ekishuhenseibi@city.kumamoto.lg.jp
(2) (1)の質問書に対する回答書は、次のとおり閲覧に供する。
ア 閲覧期間
平成27年10月27日(火曜日)までに開始し、平成27年11月9日(月曜日)までとする。
イ 閲覧場所
2の担当部局

9 入札に参加する者が1者である場合の措置

入札に参加する者が1者である場合は、再度公告して申請書等の提出期限を延長するものとする。この場合においては、必要に応じて当該案件に係る競争入札参加資格の変更又は履行期間の変更を行うことがある。

10 入札等

(1) 5(3)の通知により競争入札参加資格があると確認された者は、次に定める方法に従い、入札に参加するものとする。
ア 入札日時
平成27年11月10日(火曜日)  午後2時00分
イ 入札場所
熊本市中央区本山2丁目9番51号
熊本駅周辺整備事務所 会議室
ウ 入札方法
入札書を持参して行うこととし、郵送及び電送(ファックス、電子メール等)によるものは認めない。入札代理人が持参する場合は、別途委任状を提出すること。
(2) 落札決定にあたっては、入札書に記載された金額に100分の8に相当する額を加算した金額(当該金額に1円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てた金額)をもって落札価格とするので、入札者は、消費税及び地方消費税に係る課税事業者であるか免税事業者であるかを問わず、見積もった契約希望金額の108分の100に相当する金額を入札書に記載すること。
(3) 入札執行回数は、2回までとする。(2回目以降の入札書の提出については、別途指示する。)
(4) 入札書を提出した後は開札の前後を問わず、引換え又は取消しをすることができない。
(5) 一の入札参加者が複数の入札を行ったと認められるときは、いったん開札して確認のうえ、すべての入札書を無効とする。
(6) 熊本市工事競争入札心得(平成2年告示第107号)第5条に準じるほか、提出書類に虚偽の記載をした者のした入札は無効とし、無効の入札を行った者を落札者としていた場合には落札決定を取り消すものとする。なお、競争入札参加資格があると確認された者であっても、落札決定の時において4に規定する競争入札参加資格を満たさなくなった場合は、競争入札参加資格のない者に該当するものとする。
(7) 無効とした入札書は、返却しないものとする。

11 落札者の決定方法

(1) 予定価格の制限の範囲内で最低の価格をもって有効な入札を行った者を落札者とする。
(2) 落札者となるべき同価の入札をした者が2者以上あるときは、くじにより落札者を決定する。

12 その他の留意事項

(1) 手続において使用する言語及び通貨は、日本語及び日本国通貨に限る。
(2) 入札保証金
熊本市契約事務取扱規則第5条に定めるところにより、免除する。
(3) 契約保証金
熊本市契約事務取扱規則第22条の定めるところにより、落札者は、契約金額の100分の10以上の契約保証金を契約締結の時までに納付すること。ただし、利付国債の提供又は金融機関の保証をもって契約保証金の納付に代えることができる。また、次に掲げる場合においては、契約保証金を免除とする。
ア 保険会社との間に市を被保険者とする履行保証保険契約を結び、保証証券を契約締結の時までに提出したとき。
イ 過去2年の間に国又は地方公共団体と種類及び規模をほぼ同じくする契約を2回以上にわたって締結し、かつ、これらをすべて誠実に履行し、このことを証するため、発注者の証明を提出したとき。
(4) 申請書等に関する事項
ア 提出期限までに申請書等を提出しなかった場合は入札参加者として認められないものとする。
イ 申請書等の作成及び提出に係る費用は、提出者の負担とする。
ウ 提出された申請書等は、返却しない。
エ 提出された申請書等は、競争入札参加資格の確認以外に提出者に無断で使用しない。
オ 提出期限後における申請書等の追加、差し替え及び再提出は認めない。
カ 申請書等に虚偽の記載をしたことが判明した場合は、当該申請書等を無効とし、競争入札参加資格の取消し、落札決定の取消し、契約締結の保留又は契約の解除等の措置をとるとともに、指名停止要綱に基づく指名停止その他の措置を行うことがある。
(5) 競争入札参加資格の確認を行った日の翌日から開札までの間の期間に、競争入札参加資格があると認めた者が競争入札参加資格がないものと判明した場合には、当該者に対する競争入札参加資格確認の通知を理由を付して取り消すものとする。この旨の通知を受けた者は、通知をした日の翌日から起算して1日(休日を含まない。)以内に、市長に対して競争入札参加資格がないと認めた理由について、書面により説明を求めることができる。
(6) 落札者の決定後契約締結までの間に、落札者が4に規定する競争入札参加資格を満たさなくなった場合には、契約を締結しないことができるものとする。
(7) 申請書等の提出及び入札にあたっては、熊本市工事競争入札心得に準じて実施する。

熊本市学校給食北部東小学校外2校給食調理等業務委託における条件付一般競争入札について

次のとおり条件付一般競争入札を公告いたしましたので、お知らせいたします。

1 競争入札に付する事項
(1) 業務委託名
熊本市立北部東小学校外2校給食調理等業務委託
(2) 目的及び概要
熊本市立北部東小学校外2校給食室において学校給食の調理及び食器食缶洗浄等業務を行う。
※詳細は仕様書を参照のこと。
(3) 履行場所
熊本市立北部東小学校給食室(熊本市北区鶴羽田2丁目7番1号)
熊本市立川上小学校給食室(熊本市北区西梶尾町480番地)
熊本市立城西小学校給食室(熊本市西区島崎3丁目12番60号)
(4) 履行期間
平成28年4月1日から平成33年3月31日まで
ただし、契約締結日から平成28年3月31日までを業務開始準備期間とする。
2 担当部局
熊本市教育委員会事務局健康教育課
〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号
電話      096-328-2728(直通)
ファックス   096-323-8355
メールアドレス kenkoukyouiku@city.kumamoto.lg.jp
3 入札手続の種類
この案件は、入札手続において技術提案書の提出を求め、入札者の提示する技術、専門的知識、創意工夫等(以下「技術等」という。)と入札価格とを総合的に判断して落札者を決定する総合評価方式の入札案件である。
4 競争入札参加資格
次に掲げる条件をすべて満たしていること。
(1) 熊本市業務委託契約等に係る競争入札参加資格審査申請書を提出し、熊本市業務委託契約等に係る競争入札参加者等の資格等に関する要綱
(平成20年告示第731号)第5条に規定する参加資格者名簿に登録されている者であること。さらに、業種として、第1分類「給食業務」・
第2分類「給食業務」での登録をしていること。
(2) 地方自治法施行令第167条の4第1項の規定に該当しない者であること。
(3) 会社更生法(平成14年法律第154号)第17条又は民事再生法(平成11年法律第225号)第21条の規定による更生手続又は再生手
続の開始の申立てがなされた場合は、更生計画の認可決定又は再生計画の認可決定がなされていること。
(4) 熊本市が締結する契約等からの暴力団等の排除措置要綱(平成18年告示第105号)第3条第1号の規定に該当しないこと。(資格審査要綱
に基づき熊本市業務委託契約等に係る競争入札等参加資格審査申請書を提出した際の「役員等名簿及び照会承諾書」に記載した役員等に変更が
あった場合は、「参加資格申請内容変更届」を市に提出していること。)
(5) 熊本市から熊本市物品購入契約及び業務委託契約等に係る指名停止等の措置要綱(平成21年告示第199号。以下「指名停止要綱」とい
う。)に基づく指名停止を受けている期間中でないこと。
(6) 消費税及び地方消費税並びに本市市税の滞納がないこと。
(7) 業として当該競争入札に付する契約に係る業務を営んでいること。
(8) 学校(小学校、中学校及び特別支援学校)給食調理業務の受託実績(受託継続中又は平成24年度以降に履行が完了したもの。)若しくは、大
量調理施設(同一メニューを1回300食以上又は1日550食以上提供する調理施設。)での調理実績(業務[受託も含む]継続中又は平成
24年度以降に履行が完了したもの。)を有していること。
(9) 熊本市内に本店又は支店、営業所等を有する者であること。
(10) 熊本市内において平成25年度以降に、食品衛生法の営業の禁停止処分を受けていないこと。
5 総合評価の方法
(1) 入札価格に対する得点(以下「価格評価点」という。)の算出方法は次のとおりとする。
価格評価点=価格評価点に配分された得点の満点×(1-入札価格×1.08/予定価格)
(価格評価点は、小数点第1位を四捨五入するものとする。)
(2) 技術等に対する得点(以下「技術評価点」という。)については、落札者決定基準(別添1)に従い、評価するものとする。
(3) 総合評価は、入札者の価格評価点と技術評価点を合計した値(以下「評価値」という。)をもって行う。
(4) 評価値(260点満点)=価格評価点(65点満点)+技術評価点(195点満点)とする。
6 申請手続等
(1) 申請書、入札説明書、仕様書等の交付期間及び方法
平成27年10月8日(木曜日)から平成27年10月30日(金曜日)まで
熊本市ホームページに掲載するほか、希望する場合は2の担当部局で配布する。(担当部局での配布については熊本市の休日及び期限の特例を
定める条例(平成元年条例第32号)第1条に規定する市の休日(以下「休日」という。)の日数は算入しない。)
郵送又は電送(ファックス、電子メール等)による交付は行わない。
・ 担当部局での配布は、午前9時から午後5時まで
・ 熊本市ホームページにおいては、その運用時間内においてダウンロードできる。
(2) 申請書等の提出方法等
本件入札の参加希望者は、競争入札参加資格確認申請書及び競争入札参加資格審査調書その他の必要書類(以下「申請書等」という。)を提出
し、競争入札参加資格の有無について市長の確認を受けなければならない。提出方法等については、次によるものとする。
ア 提出方法
持参により提出すること。郵送又は電送(ファックス、電子メール等)による提出は受け付けない。
イ 提出期限
平成27年10月30日(金曜日)まで
ウ 提出部数
1部とする。
エ 提出先
2の担当部局
(3) 競争入札参加資格の確認
競争入札参加資格の確認については、申請書等の提出期限日をもって行うものとし、結果(競争入札参加資格がないと認めた場合はその理由
も含む。)については、書面により通知する。
7 競争入札参加資格がないと認めた者に対する理由の説明
(1) 競争入札参加資格がない旨の通知を受けた者は、通知をした日の翌日から起算して7日以内(市の休日の日数は、算入しない。)に、市長に対
して競争入札参加資格がないと認めた理由について、書面(様式は自由)により説明を求めることができる。
(2) 市長は、説明を求められたときは、説明を求めることができる最終日の翌日から起算して5日以内(市の休日の日数は、算入しない。)に、説
明を求めた者に対し書面により回答する。
8 入札説明会
入札説明会は実施しない。
9 入札説明書、仕様書等に対する質問
(1) 入札説明書又は仕様書等に対する質問がある場合においては、次に従い提出すること。
ア 提出方法
書面(様式は自由)により持参、ファックス又は電子メールにて提出すること。ただし、ファックス、電子メールの場合は、必ず着信を確認
すること。
イ 受付期間・受付時間
平成27年10月8日(木曜日)から平成27年11月5日(木曜日)まで(休日を除く。)の午前9時から午後5時まで
ウ 提出先
2の担当部局
ファックス   096-323-8355
メールアドレス kenkoukyouiku@city.kumamoto.lg.jp
(2) (1)の質問書に対する回答書は、次のとおり閲覧に供する。(なお、熊本市ホームページにも掲載する。)
ア 閲覧期間
平成27年11月9日(月曜日)までに開始し、平成27年11月13日(金曜日)までとする。
イ 閲覧場所
2の担当部局
10 入札に参加する者が1者である場合の措置
入札に参加する者が1者である場合は、再度公告して申請書等の提出期限を延長するものとする。この場合においては、必要に応じて当該案件に係る競争入札参加資格の変更又は履行期間の変更を行うことがある。
11 入札書及び技術提案書の受付
(1) 6(3)の通知により競争入札参加資格があると確認された者は、次に定める方法に従い、入札書(入札書に記載される入札金額に対応した業務
内訳書(参考様式を参照)を含む。)及び技術提案書(添付書類を含む。以下同じ。)を提出するものとする。
ア 入札書(業務費内訳書)及び技術提案書の受付日時
平成27年11月16日(月曜日)午後1時から午後5時まで
場所:熊本市中央区花畑町9番6号 マスミューチュアル生命ビル 2階会議室
持参して行うこととし、郵送及び電送(ファックス、電子メール等)によるものは認めない。入札代理人が持参する場合は、別途委任状を提
出すること。
イ 提出方法
(1)入札書及び業務費内訳書を一の封筒に入れ、入札書に押印した印鑑と同じもので封印し、申請する業務委託名及び入札書在中の旨並びに
入札参加者名を記載する。
(2)技術提案書(添付書類及びCD-ROMを含む。)については(1)の封筒とは別に提出するものとする。
(2) 落札決定にあたっては、入札書に記載された金額に100分の8に相当する額を加算した金額(当該金額に1円未満の端数があるときは、その
端数金額を切り捨てた金額)をもって落札価格とするので、入札者は、消費税及び地方消費税に係る課税事業者であるか免税事業者であるかを
問わず、見積もった契約金額の108分の100に相当する金額を入札書に記載すること。
(3) 入札執行回数は、2回までとする。(2回目以降の入札書の提出については、別途指示する。)
(4) 業務費内訳書は、参考図書として提示を求めるものであり、入札及び契約上の権利義務を生じるものではない。
12 技術提案書のヒアリングの実施
(1) 実施日時
平成27年11月25日(水)午後 または、平成27年11月26日(木)午後
いずれか1日
(2) 実施場所
熊本市中央区花畑町9番6号
マスミューチュアル生命ビル 2階会議室
時間・出席者については、別途指示するもの。
(3) 実施方法
対面による質疑応答形式
(4) 技術提案書に関するヒアリングは、落札者決定基準に示す評価項目のうち、次に掲げる評価項目(以下これらを「ヒアリング実施項目」とい
う。)について実施するものである。
(1)評価項目1-(1)「学校給食に対する基本的な考えについて(学校給食の位置づけについて)」
(2)評価項目2-(1)「業務の実施体制(人的体制)について(業務責任者の配置について)」
(3)評価項目2-(3)「業務の実施体制(人的体制)について(調理員の確保等について)」
(4)評価項目8  「学校との連携及び食育の推進について(児童との関わりについて)
(学校、栄養教諭・学校栄養職員等との連携及び食育の推進について)」
(5)評価項目9  「業務開始までの準備スケジュールについて」
(6)評価項目11 「追加提案について」
(5) ヒアリング時の説明に際しては、提出した技術提案書のみを使用することとし、ヒアリング時の追加資料は受理しない。
(6) ヒアリングを正当な理由なく欠席した場合は、当該入札は無効とする。ただし、悪天候、出席予定者の事故等市長がやむを得ないと認める理由
により欠席した場合で、入札手続に支障のない範囲内でヒアリングを実施できるときは、再度市長が指示した日時においてヒアリングを行うもの
とし、入札手続に支障のない範囲内でヒアリング等を行うことが困難であると認められるときは、当該入札参加者のヒアリング実施項目について
は、全て0点として取り扱うものとする。
13 開札等
(1) 入札書は以下の日時において開札し、業務費内訳書は入札書の開札後に全ての入札参加者について確認を行うものとする。この場合において、
入札者が開札に立ち会わないときは、当該入札事務に関係のない職員を立ち会わせるものとする。
日時:平成27年12月3日(木曜日)午前10時00分
場所:熊本市中央区花畑町9番6号 マスミューチュアル生命ビル 2階会議室
(2) 本入札案件を含め、同日に開札を行う公告第692号熊本市立白山小学校外2校、公告第694号熊本市立託麻西小学校外2校の案件の内、2
件落札した者は、その後において開札を行う案件については無効とする。ただし、再公告の場合を除く。
(3) 本入札案件の技術提案書に記載した配置予定の業務責任者が、公告第692号熊本市立白山小学校外2校、公告第694号熊本市立託麻西小学
校外2校のいずれかの案件に配置予定の業務責任者と重複する場合、本入札案件を落札した者は、その後に行う入札において重複する業務責任者
の案件の開札については、無効とする。
(4) 提出した入札書及び業務費内訳書は、引換え又は取消しをすることができない。また、提出した技術提案書についても、追加、書換え、引換え
又は撤回をすることができない。
(5) 一の入札参加者が複数の入札を行ったと認められるときは、いったん開札して確認のうえ、すべての入札書を無効とする。
(6) 11の方法によらないで提出された入札書及び業務費内訳書並びに技術提案書(期限までに到達しなかった場合を含む。)は、これを無効とす
る。
(7) 熊本市工事競争入札心得(平成2年告示第107号)第5条に準じるほか、提出書類に虚偽の記載をした者のした入札は無効とし、無効の入札
を行った者を落札者としていた場合には落札決定を取り消すものとする。なお、競争入札参加資格があると確認された者であっても、落札決定
の時において4に規定する競争入札参加資格を満たさなくなった場合には、競争入札参加資格のない者に該当するものとする。
(8) 業務費内訳書を確認し、記載すべき重要事項が欠けている、記載金額が入札金額と著しく乖離している等業務を確実に履行することができない
と認められるときは、当該入札書は無効とする。業務費内訳書が添付されていない場合((6)の規定により無効となった場合を含む。)も、当
該入札書を無効とする。
(9) 技術提案書の提出がない場合((6)の規定により無効となった場合を含む。)は、当該入札を無効とする。
(10) 入札を無効とした場合は、当該入札書及び業務費内訳書は、返却しないものとする。
14 落札者の決定方法
(1) 次のいずれの要件にも該当する者のうち、評価値の最も高い者を落札者とする。
ア 入札価格が予定価格の制限の範囲内であること。
イ 評価項目のうち「必須とする評価項目」については、落札者決定基準に示す最低限の要求要件(「必須の要求要件」という。)を全て満たし
ていること。(なお、必須とする評価項目について必須の要求要件を満たしていないもの(記載がない場合を含む。)は失格として取扱う。)
(2) 評価値が最も高い者が2者以上あるときは、技術評価点の高い者を落札者とする。この場合において、技術評価点及び価格評価点ともに同点で
ある者が2者以上あるときは、入札金額が低い方を落札者とし、入札金額も同額である場合は、くじにより落札者を定めるものとする。(くじの
日時及び場所については、別途指示する。)
(3) 入札説明書第3技術提案書作成要領に基づかない技術提案書については、評価の対象とせずに失格とする場合がある。
15 入札結果の公表に関する事項
契約の相手方を決定した場合は、入札結果(申請書等を提出した者の商号又は名称、競争入札参加資格の有無に関する審査結果、競争入札参加資格がないとした者についてはその理由、入札者の商号又は名称、各入札参加者ごとの入札価格、価格評価点、技術評価点及び評価値並びに落札者の商号又は名称を含む。)について担当課での閲覧及び熊本市ホームページにより公表を行うものとする。
16 落札者として選定されなかった者に対する理由の説明
(1) 入札参加者で落札者とならなかった者は、落札者の公表を行った日の翌日から起算して5日(市の休日の日数は、算入しない。)以内に、市長
に対して落札者として選定されなかった理由について、書面(様式は自由)により説明を求めることができる。
(2) 市長は、説明を求められたときは、説明を求めることができる期間の最終日の翌日から起算して7日(市の休日の日数は、算入しない。)以内
に、説明を求めた者に対し書面により回答する。
17 評価内容の確保
(1) 落札者の技術提案書に記載された内容については、落札者と協議後、全て契約に係る仕様書に記載することとし、落札者はこれを満たす履行を
しなければならない。また、このことによる契約金額の変更は行わない。
(2) 技術提案の内容に係る部分の債務については、その履行の完了が確認できるまで存続するものとし、受注者の責めにより当該債務が履行されな
い場合については、受注者の責任において再履行又は瑕疵の補修を行うものとする。
(3) 仕様書において履行方法を指定しない部分の業務に関して、市長が提案内容を適正と認めた場合においても、受注者は、その部分の履行に関す
る責任を負うものとする。
(4) 発注者は、技術提案書に関する事項が提案者以外の者に知られることのないように取り扱うものとする。
18 その他の留意事項
(1) 手続において使用する言語及び通貨は、日本語及び日本国通貨に限る。
(2) 入札保証金
熊本市契約事務取扱規則第5条に定めるところにより、免除する。
(3) 契約保証金
熊本市契約事務取扱規則第22条の定めるところにより、落札者は、契約金額の100分の10以上の契約保証金を契約締結の時までに納付
すること。ただし、利付国債の提供又は金融機関の保証をもって契約保証金の納付に代えることができる。また、次に掲げる場合においては、契
約保証金を免除とする。
ア 保険会社との間に市を被保険者とする履行保証保険契約を結び、保証証券を契約締結の時までに提出したとき。
イ 過去2年の間に国又は地方公共団体と種類及び規模をほぼ同じくする契約を2回以上にわたって締結し、かつ、これらをすべて誠実に履行
し、このことを証するため、発注者の証明(ただし、発注者が本市である場合は、契約書の写しでも可)を提出したとき。
(4) 契約書(案)
熊本市ホームページへ掲載するほか、2の担当部局で閲覧に供する。
(5) 申請書等及び技術提案書に関する事項
ア 提出期限までに申請書等を提出しなかった場合は入札参加者として認められないものとする。
イ 申請書等及び技術提案書の作成及び提出(並びにヒアリング)に係る費用は、提出者の負担とする。
ウ 提出された申請書等及び技術提案書は、返却しない。
エ 提出された申請書等及び技術提案書は、競争入札参加資格の確認及び技術提案内容の評価以外に提出者に無断で使用しない。
オ 提出期限後における申請書等の追加、差し替え及び再提出は、認めない。
カ 申請書等に虚偽の記載をしたことが判明した場合は、当該申請書等を無効とし、競争入札参加資格の取消し、落札決定の取消し、契約締結の
保留又は契約の解除等の措置をとるとともに、指名停止要綱に基づく指名停止その他の措置を行うことがある。
キ 技術提案書に虚偽記載等明らかに悪質な行為があると認められる場合には、当該入札を無効とし、落札決定の取消し、契約締結の保留又は契
約の解除等の措置をとるとともに、指名停止要綱に基づく指名停止その他の措置を行うことがある。
(6) 競争入札参加資格の確認を行った日の翌日から開札までの間の期間に、競争入札参加資格があると認めた者が競争入札参加資格がないものと判
明した場合には、当該者に対する競争入札参加資格確認の通知を理由を付して取り消すものとする。
この旨の通知を受けた者は、通知をした日の翌日から起算して5日(市の休日の日数は、算入しない。)以内に、市長に対して競争入札参加資
格がないと認めた理由について、書面により説明を求めることができる。
(7) 落札者の決定後契約締結までの間に、落札者が4に規定する競争入札参加資格を満たさなくなった場合及び技術提案書に記載された内容を満た
す履行ができないと認められる場合には、契約を締結しないことができるものとする。
(8) 申請書及び技術提案書の提出並びに入札にあたっては、熊本市工事競争入札心得に準じて実施する。
(9) 業務責任者の確認等
ア 申請書等又は技術提案書に記載した配置予定の業務責任者は、原則として履行が完了するまで変更できないものとする。ただし、病休、死
亡、退職等のやむを得ない事由が生じたときは、当初の配置予定の業務責任者と同等以上の資格及び経験を有する者を配置するものとして市長
の承認を得た場合に限り、変更することができるものとする。この場合において、市長の承認を得るためには、診断書その他市長が必要と認め
る書類を提出しなければならない。
イ アに違反した場合は、落札決定の取消し、契約締結の保留又は契約の解除等の措置をとるとともに、指名停止要綱に基づく指名停止その他の
措置を行うものとする。
(10) 以上のほか、詳細は入札説明書による。