3町内夏祭り

来る7月22日に、恒例の3町内夏祭りが開催されます。
会場は、月出団地公園。
こども神輿は17時スタート。
18時より開会式です。

今年も、たのしいステージやおいしいバザーが待っています。

くまモンもやってきますよ!
どうぞみなさまお越しください。

昨年の様子

 

月出のむかし話(健軍飛行場)

わがまち月出地域の歴史は、過去、飛行場の歴史と共にありました。先の大戦中は三菱重工業航空機製作所の試験飛行場を経て、熊本陸軍飛行場(健軍飛行場)となり、戦後は旧熊本空港として、たくさんの飛行機が飛び交ったのです。

さて、その健軍飛行場の物語として、昭和20年5月24日、まさに72年前の今日、沖縄に向けて爆撃機12機による特別攻撃隊が飛び立ちました。1機あたり14名、合わせて168名の兵士が、米軍の手に落ちた沖縄の飛行場をめざしました。本土上陸阻止と沖縄を見捨てないために。

詳しくはこちらをhttps://ja.wikipedia.org/wiki/義烈空挺隊

先日の5月20日、自衛隊健軍駐屯地内で義烈空挺隊出撃72周年慰霊祭がありました。慰霊碑の周りに祭壇がつくられ、碑の背後には落下傘膜が飾られていました。ご遺族や元兵士、幹部自衛官、自衛官OB、一般参列者のみなさんが集い、厳粛な雰囲気の中、慰霊祭が執り行われました。私も献花をして英霊に手を合わせてまいりました。

     

米艦船への特攻なども含め、身を挺した数々の義挙は、米兵を畏怖させ、米軍の九州上陸、本土決戦を回避させたと伝えられています。
悲しい歴史かもしれませんが、先人たちの尊い犠牲の上に今日の私たちの生活があることを忘れてはならないと改めて思いました。

健軍川駅伝大会・菜の花ウォーキング

4月15日、健軍川駅伝大会&菜の花ウォーキングが開催されました。
朝9時に上油称公園に集合、開会式のあと区役所保健師さんの先導による健くま体操で準備運動。そして駅伝がスタートしました。
前区約1km、後区約800mを1チーム6人がタスキをつなぎます。子どもの部は、月出小部活動の部員たちが出場しました。大人の部は、東区役所チーム、えがおチーム、月出小PTAお父さんもかたらん会チームが出場しました。熱戦の末、子どもの部はブルーフォース(バスケチーム)が19分25秒で優勝、大人の部はかたらん会チームが19分34秒で優勝しました。
駅伝のあとは、菜の花ウォーキングです。参加の皆さんは駅伝コースを含む健軍川沿いを、咲き誇る様々な花と川のせせらぎを楽しみながら歩きました。
そして表彰式と抽選会がありました。
ロアッソくんとDjコバさんの応援もあり大会を盛り上げていただきました。また、㈱えがおさんのご協賛をいただき、豪華賞品が配られました。
主催:月出校区体育協会・まちづくり協議会

詳細動画

自治協議会新年会

1月14日、熊本エミナースにおいて、平成29年校区自治協議会新年会が行われました。自治協役員や校区関係者、各議会議員の皆さまが集い、昨年の地震での反省と本年の抱負を語り合いました。また著名三味線奏者の演奏で会を盛り上げていただきました。

どんどや

1月9日、新春恒例のどんどや(どんど焼き)が月出小学校で行われました。一年の無病息災、地域振興を祈念する本年最初の月出校区行事です。早朝から校区消防団のご協力により、孟宗竹などの切り出し、やぐら組みを地域の男性の皆さんで行いました。また、豚汁1000食分を婦人部やPTAのお母さん方が作ってくださいました。小学生代表による点火式のあと、炎が勢い良く燃え上がり、パンパンと大きな竹の弾ける音が鳴り響きました。この音を聞きながら、豚汁をいただき、火が収まるのを待ちました。そして各自が持参した鏡もちなどを残り火で焼いて食べました。健康で実り多き一年となりますように。
ーまちづくり協議会ー

3町内餅つき大会

12月4日、月出団地集会所にて恒例の餅つき大会が行われました。あいにくの雨で、搗き場所がいつもの公園から集会所横に変わりました。ちょっと狭くて搗きにくいかなと思いましたが、お父さん方の気転でテントを上手に張り、無事に90kgを搗き上げました。途中、子ども達も頑張りました。搗きたてのお餅は、その場で皆さんに振る舞われ、地域の方々にも配られました。

グランドゴルフ大会

11月5日、気持ち良い秋晴れのもと、グランドゴルフ大会が月出小学校で開催されました。子ども達から大先輩方まで腕を競い合いました。成績優秀の方は豪華賞品をゲットされました。抽選会も盛り上がりました。
主催:月出校区体育協会

4年生宿泊体験(学校キャンプ)

去る10月8日〜9日に、4年生宿泊体験が月出小学校にて行われました。土曜日のお昼に学校へ集合して班分けと結団式。そしてロアッソ熊本の公式戦を観戦に行きました。あいにくのお天気でしたが、間近で見る迫力の試合に皆んな興奮していました。学校へ帰ってくると夕食です。婦人部の方々が作ってくださった美味しいカレーをいただきました。夜は恒例のナイトハイク。班に一つの懐中電灯だけで暗い校舎内を巡ります。途中、お化けに扮したお父さんやお母さん達が潜んでいます。クイズを解きながら体育館へゴール。泣いている子もいました。各班が申告した所要時間にどれだけ近いかを競いました。就寝時は皆んなでダンボールベッドをならべて寝床を作りました。楽しいのか、家とは違う環境で戸惑っているのか、なかなか寝付けない子もいたようです。
翌朝6時に起床。ラジオ体操、朝食、清掃のあと、反省文を全員で書いて解団式。元気に家へ帰りました。二分の一成人として、皆んなで学校に泊まり、貴重な時間を過ごしました。
主催:まちづくり協議会

第37回 十五夜綱引き大会が開催されました。

去る9月17日に、37回目となる十五夜綱引き大会が行われました。
毎年、旧暦8月15日の十五夜に近い土曜日に、地域の安寧と五穀豊穣を祈って子どもから大人まで参加する伝統行事となっています。
競技は、1町内〜3町内の総当たり戦で優勝が争われます。
今年は、残念ながら月光の下ではできませんでしたが、後半に降ってきた雨にも負けず精一杯綱を引き合いました。
優勝は2町内でした。代表の子ども達に優勝旗が渡されました。